海外渡航前の予防接種情報 – 南アメリカ地域
南アメリカ地域の予防接種情報
主な渡航先:アルゼンチン、ウルグアイ、エクアドル、ガイアナ、コロンビア、スリナム、
チリ、パラグアイ、フォークランド諸島(マルビナス)、ブラジル、ギアナ、ベネズエラ、
ペルー、ボリビア、南ジョージア島・南サンドイッチ諸島など                  

海外渡航前の予防接種情報 – 南アメリカ地域

アルゼンチン、ウルグアイ、エクアドル、ガイアナ、コロンビア、スリナム、チリ、パラグアイ、フォークランド諸島(マルビナス)、ブラジル、ギアナ、ベネズエラ、ペルー、ボリビア、南ジョージア島・南サンドイッチ諸島など

南アメリカ地域の衛生状態

赤道に近い地域は熱帯性気候で、感染症は1年中流行しています。また、蚊が原因の感染症が多く発生します。南部は温帯地域です。感染症の流行、蚊の発生は、11~5月に多く、6~11月は比較的少ないです。多くの国で黄熱の予防接種が必要です。

南アメリカ地域へ渡航される方へお勧めする予防接種ワクチン

A型肝炎 すべての渡航者
B型肝炎 1ヶ月以上滞在される方
破傷風 すべての渡航者
狂犬病 1年以上の滞在者 、 野生動物に接する機会のある方
マラリア予防薬 マラリア発生地帯に立ち入る方
腸チフス 不衛生地域へ立ち入る方
黄熱 黄熱予防接種証明書(イエローカード)
の携行が義務付けられている国に行かれる場合
ページの先頭に戻る

プライバシーポリシーサイトマップお問い合わせリンクについて

代官山パークサイドクリニック

〒150-0034
東京都渋谷区代官山16-1
カスティヨ代官山2F
TEL03-5456-6282
FAX03-5456-6287

Copyright(c)2013 海外渡航予防接種のご案内 Produce by Consolution Co,.Ltd