海外 渡航者向け予防接種のご案内
※リオ五輪観戦をご検討中の方へ

2016年夏にブラジルで開催される『夏季オリンピック(リオ五輪)』を現地で観戦される方向けの、渡航前予防接種のご案内ページを作成いたしました。渡航を検討されている方は、是非一度ご覧ください。

リオ五輪観戦者向け 渡航前予防接種ページはこちら

海外へ旅行・留学・出張される方へ - 予防接種のご案内 -

海外で安全に健康に過ごすための3つのポイント

1.海外 予防接種 2.常備薬 3.健康相談当クリニックでは滞在先の衛生状況や患者様の体質に合わせ
渡航時のヘルスケアをサポート致します。

海外旅行・出張・赴任が決まったら、まずはご相談ください。

例えば下記の情報があれば、予防接種のスケジュール等、渡航前のヘルスケア計画を立てることが出来ます。

海外 渡航先、出発日、滞在期間

  ※日程が未定の場合も渡航に向けての最適な準備をご提案致します。お気軽にご相談下さい。
  ※留学用の英文接種証明書も作成致します。

海外では様々な感染症にさらされる危険があります。日本では戦後からクリーンな社会が築かれ、感染症から予防接種で身を守るという意識が薄れてきているため何らかの感染症に罹患し帰国するケースが増えてきています。

お知らせ・新着情報  - 海外渡航前 予防医療センター -

2015/7/10 夏季休暇の休診日について
8月15日(土)〜8月22日(土)まで休診いたします。
※8月16日(日)は休診となります。ご注意下さい。
夏季休暇中は皆様にご迷惑をおかけしますが何卒よろしくお願いいたします。
2014/3/1 3月より木曜日も21時まで診療致します。宜しくお願い致します。
2014/1/10 ドイツでデング熱が発生 - 日本で感染の可能性
厚生労働省は10日、昨年8月に日本に渡航したドイツ人女性が帰国後にデング熱を発症した、と発表しました。日本国内で感染した疑いがあり、同省は注意を呼び掛けている。
NHKニュース:デング熱 日本で感染の可能性

「デング熱」について詳しくは下記リンクをご覧ください。
感染症 - デング熱について

その他、蚊を媒介する感染症について
2013/9/6 台湾で狂犬病が発生
台湾で野生動物において54年ぶりに狂犬病が発生しました。台湾に渡航される方は、現地では動物にむやみに近寄ったり触ったりしないようにしてください。
狂犬病は、発病するとほぼ100%死亡する危険な病気です。大抵は、動物に咬まれることによりうつりますが、動物の唾液が目、鼻、口や傷ついた皮膚から入ることによってうつることもあります。
詳しくは下記リンクをご覧ください。
感染症 - 狂犬病について

狂犬病ワクチンについて
2013/9/6 中国で鳥インフルエンザが発生
中国広東省の衛生当局は同省恵州市の女性(51)について、検査で感染が確認されたと発表しました。広東省での感染確認は初めてになります。中国へ渡航される方は、鳥類へ接触は避けるようご注意下さい。
関連リンク:
広東省で初の感染者確認 - 中国
2012/9/15 海外渡航者のためのインフルエンザ予防接種に関するページを新設しました。
毎年11月頃から流行が始まるインフルエンザですが、海外でも概ね同じくらいの時期に流行するケースが多いようです。海外渡航者は日本との衛生状況に違いや長時間のフライト等にも考慮し、渡航前にインフルエンザワクチンを接種して頂くことを推奨します。詳しくは下記をご覧ください。
海外 予防接種のご案内 - インフルエンザワクチン|代官山パークサイドクリニック
2012/4/13
世界で報告されている感染症「マラリア」の状況について、情報が更新されています。熱帯地域・温帯地域に渡航される方はご注意ください。当クリニックではマラリア予防薬(マラロン、メファキン)、高濃度虫除けローション(Ultrathon)も取り扱っております。お気軽にお問い合わせください。

関連リンク
海外 予防接種のご案内 - マラリア予防薬|代官山パークサイドクリニック

FORTH|新着情報|世界で報告されたマラリアの状況について
 
ページの先頭に戻る

プライバシーポリシーサイトマップお問い合わせリンクについて

代官山パークサイドクリニック

〒150-0034
東京都渋谷区代官山16-1
カスティヨ代官山2F
TEL03-5456-6282
FAX03-5456-6287

Copyright(c)2011 海外渡航予防接種のご案内 Produce by Daikanyama Park Side Clinic