感染症 – ダニ媒介性脳炎について

我が国ではあまり知られていませんが、「ダニ媒介性脳炎」という病気があります。

原因

ウィルスを保有するマダニに刺咬されることによって発症する。
このウイルスに感染した動物から生産された乳製品からうつることもあります。

流行地域は
ドイツバイエルン地方およびオーストリアの森林地帯、中央ヨーロッパからバルト三国、ロシア主要部、シベリア、極東ロシアに至る地域で流行しています。
ダニ媒介性脳炎ウィルスを保有するマダニは、各地域とも草原や森林地帯に生息し、都市部などにはほとんど生息していません。
ダニ媒介性脳炎の患者発生数は、上記地域で年間6千から1万人程度。

症状

潜伏期間は、ダニ刺咬後7-14日
高熱、悪寒、筋肉痛などのインフルエンザに似た症状が出現します。
3-4日程度後、30-50%の例で、頭痛、悪心、痙攣、眩暈、知覚異常などの髄膜脳炎を生じます。
致死率はー髄膜脳炎を発症した中の2%程度。
しかし、ロシア春夏型の脳炎では、致死率は20%に達すると言われています。
また、死に至らなくても、髄膜脳炎による後遺症が中枢神経系や末梢神経系に残る事も多いため、警戒が必要です。(髄膜脳炎発症後、何らかの副作用が残る率は35から60%というデータもあります。これは極めて高い確率と考えます。)

治療

対症療法

実は、このダニ媒介脳炎、わが国でも発生が報告されています。初発症は、1993年。その後、2016年に1例、2017年に2例が報告されたため、調査したところ、北海道一部地域でダニ媒介脳炎ウィルスを保有したマダニの存在が確認されています。
2017年現在、北海道もダニ媒介脳炎流行地域と考える必要があると考えます。

予防

ワクチンが有効です。
ワクチンと共に、虫刺され防止対策も大切です。
流行地域においては無用に草原や森林に立ち入らない事。トレッキングツアーや乗馬などの際には、長そで長ズボンなど露出の少ない服装として、ダニ刺咬の可能性を減らす事が重要です。
殺菌されていない乳製品の摂取は避けること。

ページの先頭に戻る

プライバシーポリシーサイトマップお問い合わせリンクについて

代官山パークサイドクリニック

〒150-0034
東京都渋谷区代官山16-1
カスティヨ代官山2F
TEL03-5456-6282
FAX03-5456-6287

Copyright(c)2013 海外渡航予防接種のご案内 Produce by Consolution Co,.Ltd