感染症 – おたふく風邪について

原因

おたふく風邪は、麻疹ウイルスの仲間である「ムンプスウイルス」が原因で起こります。ムンプスウイルスは、耳の前下にある耳下腺、下あごの下にある顎下腺に感染するのが特徴。ツバなどを介してうつる飛沫感染で、非常に感染力が強いです。一方でウイルスに感染しても症状の出る人は6~7割で、残りはおたふく風邪と分かる症状が出ず済むことが多いです。

潜伏期間は2~3週間で、感染者と接触してから2~3週間後に顔の腫れが現れます。

症状

  • 風邪のような咳、鼻水
  • 発熱
  • 耳の前下にある唾液腺・耳下腺、下あごの下にある唾液腺・顎下腺(がっかせん)の腫脹

唾液腺が左右ともに腫れることが多く、診断の大きな決め手になります。時に一方だけしか腫れない場合もあり、その場合は診断に苦労します。最初は一方の腫れで、何日か経って両方腫れる場合もおたふく風邪と言ってよいでしょう。腫れは1週間ぐらいで引きます。

感染力が強いため、基本的に感染を広げないよう自宅療養する必要がありますが、腫れが引くと感染する心配はほぼなくなります。学校や会社に行っても問題ないのは腫れが引いてからです。

経過・治療

おたふく風邪の原因であるムンプスウイルスを退治できる薬はありません。かかってしまった場合は、おたふく風邪の症状に応じて、症状を和らげる治療をするしかありません。

耳下腺が腫れて痛む場合は冷やしたり、痛み止めを服用したりします。睾丸炎を併発した場合も、睾丸を冷やすしかありません。

 

ページの先頭に戻る

プライバシーポリシーサイトマップお問い合わせリンクについて

代官山パークサイドクリニック

〒150-0034
東京都渋谷区代官山16-1
カスティヨ代官山2F
TEL03-5456-6282
FAX03-5456-6287

Copyright(c)2013 海外渡航予防接種のご案内 Produce by Consolution Co,.Ltd