感染症 – 破傷風について

原因

破傷風は土壌中に広く棲息する嫌気性菌である破傷風菌の感染によって起ります。破傷風菌は芽胞という形で手足などの傷口(多くは自分でも気付かない程度の小さな傷口)から体内に侵入し、組織中で発芽、増殖し、強力な神経毒(テタノスバスミン)を作りだします。

日本では小児期に破傷風を含む3種混合ワクチン:DPT(現在は4種混合ワクチン)を接種していますが、最終接種後、長期間にわたって追加接種をおこなっていない場合、免疫が弱くなっているか消失している可能性があります。
※東日本大震災の復興作業ボランティア(がれき撤去など)の方々の多くが破傷風に感染したことも記憶に新しい事実です。津波の影響で一時的に衛生状態が悪くなり、破傷風菌が被災地に蔓延したこと、多くの方々の破傷風に対する免疫が弱くなっていたことなどが原因と考えられています。

症状

潜伏期間の3日~3週間を経て、傷の周辺のこわばりや全身のだるさが出現します。その後、開口障害およびそれに伴う食物の摂取困難、首筋の張り、構語障害による会話困難を生じ、それが高度になると痙笑という顔面筋の拘縮に伴う破傷風独特の笑ったような顔貌を呈します。

さらに症状が進行すると頚部の筋肉や背筋の拘縮を生じるため全身が弓なりの姿勢となります。症状が呼吸筋に及ぶと呼吸が不可能となり死に至る事もあります。

経過・治療

治療は破傷風菌に対する抗生物質を投与する事が行われますが、破傷風菌によって既に産生された神経毒については効果がありません。神経毒の中和には破傷風免疫グロブリンの投与が行われますが、症状の進行が急激な場合は治療効果の出現が間に合わない事もあります。
そのため破傷風は早期診断、早期治療が重要です。特に呼吸障害に対しては、気管切開や人工呼吸器による呼吸管理が必須のためこれらの設備がある大きな病院への搬送が必要です。
これら万全の体制をとっても破傷風を発症した成人のうち15~60%は死亡するといわれています。現代においても破傷風は注意を要する疾患であると考えます。

全世界で発生する感染症なので海外渡航者には予防接種をお勧めいたします。

破傷風に関しましては、代官山パークサイドクリニック 院長 岡宮によるコラムもご覧ください。
column

ページの先頭に戻る

プライバシーポリシーサイトマップお問い合わせリンクについて

代官山パークサイドクリニック

〒150-0034
東京都渋谷区代官山16-1
カスティヨ代官山2F
TEL03-5456-6282
FAX03-5456-6287

Copyright(c)2013 海外渡航予防接種のご案内 Produce by Consolution Co,.Ltd