当クリニックでは英文接種証明書を発行致します。

英文接種証明書

英文接種証明書

海外留学や海外赴任の際、国によっては接種したワクチンの『英文接種証明書』が必要となる場合がございます。様々な予防接種を受けた場合は接種したワクチンを記録として残しておくことが重要です。当クリニックでは右図の様な英文接種証明書を発行しております。

料金

証明書の発行につきましては、当クリニックのフォーマットで発行する場合は無料とさせていただいております。

その他、他院での接種分を含める場合、お持ち込みの書類に記入する場合、母子手帳の翻訳が必要な場合、医師のサインが必要な場合などは有料となります。
また、当クリニックでワクチンを接種しない場合に証明書だけを発行する場合も有料とさせていただきますので予めご了承下さい。
料金は内容によって異なりますので、詳しくはお問い合わせ下さい。(5000円~15000円/税抜)

英文接種証明書の作成には最終接種日より1週間程お時間を頂く場合がございますので、お早めにご相談下さい。

留学前の予防接種・必要種類について

アメリカなどの諸外国に留学する際には、学校や自治体などにより決められた書類の提出を要求される場合がございます。
当クリニックでは留学前の予防接種や、学校、各自治体などより提出が求められる必要な書類の作成・記入を行うことが可能です。
※ これらの書類の作成は、内容により料金が発生する場合がございますので、必ず書類をお持ちになり受付でご確認ください。

当クリニックの留学前予防接種の対応について

留学前に必要な予防接種は、予め種類や必要回数が決められている場合がほとんどです。
この場合、日本国内で小児期の法定接種を全て終えている場合でも、外国の基準に満たない場合が多く、ほぼ全例で追加接種が必要となります。
予防接種歴が要求に満たない場合、渡航後に接種を求められたり、入学許可がおりない場合もあるようですので、必要な予防接種については予め必ずご確認ください。
『書類が難しくて読めない』『留学代理店や学校に問い合わせてもわからない』などの場合は、書類と母子手帳をお持ちいただければ、当クリニックで必要な予防接種の選定、渡航前の接種スケジュール作成、書類の記入・作成を行います。留学前の予防接種についてご不安がある場合は、お気軽にお問い合わせ下さい。

  1. 必要書類に記載されている接種が必要なワクチンを確認します。
  2. 母子手帳でご自身の予防接種の記録を確認します。
    1. 母子手帳を紛失してしまった場合は、留学先の学校や代理店などに対処法を確認の上、早めにご連絡下さい。
    2. 母子手帳等は事前にFAX、またはコピーをご郵送頂ければスムーズに作成が可能です。お急ぎの方はお知らせ下さい。
  3. 渡航日までの接種スケジュールを決定します。 ※1
  4. 予防接種がすべて終了後、接種したワクチンの「英文接種証明書」を当クリニックが発行します。

※1 複数のワクチンを接種する場合は、接種に一定の期間を空ける必要がございます。余裕を持って接種をご検討ください。出発までの期間が短い場合(1ヶ月に満たない場合)は予め、事前にお知らせ下さい。

ページの先頭に戻る

プライバシーポリシーサイトマップお問い合わせリンクについて

代官山パークサイドクリニック

〒150-0034
東京都渋谷区代官山16-1
カスティヨ代官山2F
TEL03-5456-6282
FAX03-5456-6287

Copyright(c)2013 海外渡航予防接種のご案内 Produce by Consolution Co,.Ltd